オフィスコーヒーでリフレッシュ|芳醇な香りがヒーリング効果を生む

フルサービス式

自販機設置の代行業務

青い自販機

空きスペースを有効活用する場合自販機を設置するという方法が手軽で収益性も高い解決策になります。 私有地であれば電源の確保さえできればすぐにでも自販機を設置することが可能です。 自販機設置を代行して行う業者も多数あり設置後の商品補充や集金業務まで一括して任せることも可能です。飲料メーカーなどでは自販機の設置から集金・補充までトータルで行うサービスを提供しておりオーナーは設置場所さえ提供すれば管理を全て任せることが可能です。毎月決まった日に売上が入金されるため安心です。新商品の入れ替えやキャンペーンの販促シールなども業者が行うためオーナー側ですることは何もありません。設置場所さえあれば手軽に自販機ビジネスが始められるとあって人気が高いサービスになっています。

自販機設置の歴史は日本の発展の歴史でもある

日本ではじめての自販機が設置されたのは、高度系経済成長が始まろうとしている1960年代初頭だとされています。日本の大手重機メーカーとアメリカの企業が合同で、半自動の自販機を開発したのが始まりです。 当時は、自販機はレンタル方式がほとんどで、設置した後に販売するジュースや炭酸飲料などの飲み物は、自販機のオーナーが自分で仕入先を見つけなければならなかったのです。 全国各地に自販機の設置が増えていくに従って、運営方式もレンタル式からフルサービス方式へと移り変わっていきました。 今では、設置される自販機のほとんどが、フルサービス方式となっています。これは保守点検業務から、売上の管理そして商品の詰め替えまですべてをメーカーが行い、オーナーは何もする必要がないため人気があります。